読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラとあひるの水面下バタフライ。

写真は向かないって言われてからの、日々思うこと。

不良。

f:id:teddysduck:20161103062504j:image

 

 

自分たちを守るためにまったく罪のない他人を使った足の引っ張り合いと、被害者面。そして肩身を寄せて、僕たち可哀想だけど頑張ろうね!って妙な仲間意識。

 

 

きっと、写真見てもなんにも思わないんだろうなぁ。

 

 

今日も今日とて自分の道を歩み続ける。

他人に構ってられるほど暇じゃない。

ここ半年、ずっと病院、仕事のサンドイッチ。

遊んでくれてる方とは写真の話はしないことの方が多い。

きっと、写真の答えがわずかに見えてきたからだとおもう。分からないなりに。

 

産。

f:id:teddysduck:20161026224048j:image

 

先日までお世話になっていた、セルフポートレート展の、ボツカット。

 

本職のことで、ばーーーーーーーっと書き出してしまった。

すぐさま消した。

 

カメラを産んでみたい。

写真はたしかにいつも産んでるんだけど、カメラを産みたい。

 

こんなのが欲しいとかではなくて、

《この子がウチの子です!》っていう感じかな。

 

あんまり仕事のことや、人間関係をぐちぐちと言わないようにしてるし、制御が効いてたはずなんだけど、ほぼほぼ限界だったらしい。

 

たしかに、ずっと死にたくてたまらない。

左腕を切りたくなってる。

…ドン引きした人がどれくらいいるのかは知らないけど、僕の闇なんて誰も知らないし、知らなくていい闇だ。なら書かなきゃいい、って言われそうだけど、これはある種のデトックスなので寛大な心で読み飛ばしていただけると感謝感激です。

 

 

 

なんとなくなんだけど、病んでる時は、身体中の傷が濃く見えるような気がしてる。

 

幼い頃にどうしてだかわからないけれど付けてしまった傷がまだ残ってる。

 

傷で思い出した。

わが家のカメラたちが傷だらけなのだ。いつも以上に。

最近、カバンの中でケースが外れてたり、うっかりレンズ面触ったりしてしまって、かわいそうなことになってたりする。

 

さすがわが家に嫁ぐ子たち。

現場主義で、見た目にはこだわらない。

ボッロボロになるまで使い倒してあげたい。

 

 

最近、食べる量が激減した。

減ったのが戻ったと思ってたのに。

 

大体、1/3食べたら、吐きそうになる。

完食はするんだけど、その吐きそうになるという現象を通過しての完食だから、食事が苦痛になってきた。

食べたいし、食べに行きたいし、スイーツ別腹なのは変わらないのにつらい。

 

とりあえず、写真のこと考えるようにしよう。

 

いつも通り、写真のことしか書かないって決めてるのに、いろんな話に飛び火して、おさまり悪いアタマの悪い文章どうにかしたい。

名前が変わっても分かる写真。

昨日は撮影会でしたー。

f:id:teddysduck:20161024193801j:image

 

そこで、店主の方から、

『あひる。さん』と呼ばれたので、名札を、あひる。にした。

これで最後かな?たぶん。

 

そしたらば、

参加者の方々に、教室の先輩や、写真を見てくださった方々がいたりして、アワアワとした。

相変わらず、そんな人です。

 

『ひとつ聞きたいんです。なぜ、あひる。さん辞めるんですか?』

 

と。

きちんとお話させてもらいました。

 

その時に、知ってるギャラリーの方に何でやめちゃうのか知ってるか聞いてみたら、本人に聞いてごらんって言われたとのこと。

そして、話しかけてくださったそうな。

さらに、そのギャラリーの方には『どんな名前になってもすぐにあひる。さんって分かる写真だからすぐに見つけられるよ、絶対に』って付け加えられたそうだ。

 

なんだかこそばゆくて、

そして、嬉しかった。

 

自分に自覚がないからよくないんだけど、

どんな写真って自分は分かってなくて笑

それでも他人の中では評価が固まりつつある。

 

こんなありがたくて暖かい世界はないよね。

 

きっと今、本名になるから、、、って変に力が入りかけてるのを自覚しつつある。

だから、次からの展示、きっと、トンチンカンなスタートになるとおもう。

そして、お叱りをもらって、また軌道修正に入る。

きっと、そう。

 

実はひとつ、年末の展示の告知が始まっている。

つまり、本名が世界を駆け巡っている。

 

そして、昨日の撮影会は展示も込められてるので、

12月、恐ろしいことに、展示が3つ被る。

おそらく。

死ぬんじゃないかな?笑

奈良、大阪、そして、仙台。

仙台はまだ返事をしていなくて、、、

でも、そろそろ腹据える。

 

f:id:teddysduck:20161024194957j:image

 

 

まだ、マダ、まーだ。

f:id:teddysduck:20161022215616j:image

 

元気にしてるだろうか。

ねぇ。

この間レントゲンをたくさん撮ったと聞いたよ?

まさか、死ぬのも一緒なんてたまったもんじゃないよ?

 

実家の犬。

捨て犬からの保護犬で、保護団体から譲り受けた。

大体の月齢から、お誕生日を僕と一緒にしたのだ。

 

f:id:teddysduck:20161022215812j:image

 

すべて、CONTAX T2

相変わらずいい仕事してる。

 

 

今日は、1日撮影会という授業の予定だった。

仕事になり、行くことは叶わなかった。

どんな撮影会だったのかなぁ。

 

そんな本日の仕事は、

通常業務+カメラを持って走り回る仕事だった。

久々にずーっとファインダー覗いてた。

普段もなにかしらを覗いてる仕事ではあるのだけども、やはりご飯食べられず、ひたすら走り回って、低血糖で今に至る。

動けない。

 

最近、やたらめったら、ふらつきがひどい。

なにか食べても、少しだけなのに満腹になる。

そして、電車に乗ると吐く。

 

あたまのせいなのか?

体質が変わったのか?

 

まだもう少し撮りたい世界があるから、

まだもう少しカメラを撫でていたいから。

 

部屋が片付くまでは、命があってほしい。

 

いつ、家に帰れるだろう。

 

 

死の匂い。

f:id:teddysduck:20161021221518j:image

 

脳溢血みたいな、写真が増えてきた。

今年に貰った、新品のLC-A+。

実は不良品で。

授業の時に、【それ壊れてますやん?】と京都の出身の人に言われて、

はぃーーーー!?って、なった。

保証書には印がない。

直せないわけですよ。

連絡取ろうにも相当な勇気がいるのですよ。

なので、壊れてるって、わかってても使ってる。

 

赤いモチーフ探して脳溢血みたいな寫眞撮ってる。

 

増えてきた、なんかしらんけど、赤をモチーフにした寫眞が。

 

 

f:id:teddysduck:20161021221831j:image

こっちは、CONTAX T2

 

 

 

そんな今日。

12月に招待個展をやらないか、って話がきた。

しかも、仙台。

困った。嬉しいような厳しいような話。

 

こういう時、どうしていいかわからなくなる。

実力がない、と思っているから、とても。

 

いつまでたっても、自信がない。

カメラをくれた方に連絡取れないのだって、なんにも悪いことしてないのに悪者に仕立て上げられ嫌われてしまったからだ。

なに言っても響かない。

それでも、まだ、、、、なんだろうな。

 

地震のせいか、落ち着かない。

今夜の自分が本当に1番怖い。

なにかすごく死の匂いがする。

ずっと、ずっと。

 

 

ひと思いに殺してくれたらいいのに。

 

f:id:teddysduck:20161021222354j:image

 

それでも、まだ。

大阪、名古屋の組み合わせで組み上がった、

Leica IIIc

 

5月に無償で譲ってしまった、IIIfとはやはり違う。

安くでダメな子って言われることが多い。

 

それでも、立派なバルナック。

 

f:id:teddysduck:20161020233351j:image

 

そのファーストロールは、

もちろん、買ってすぐにネガを入れてもらったから、名古屋である。

 

f:id:teddysduck:20161020233435j:image

 

はじめてもつカメラでは本当になんでも撮ってしまう。変わらないんだろうな。

 

f:id:teddysduck:20161020233506j:image

 

ごはんだって。

 

f:id:teddysduck:20161020233530j:image

 

 

ポールスミス展だって、そう。

 

露出も測らないし、いつも不安定なネガ作りになる。

それでもいいのだ。きっと。

 

ちょっとだけ撮りたいことも出来た。

きちんと向き合えるかは謎。

限りある中で。

 

 

 

ラストロングフライト。

f:id:teddysduck:20161016132322j:image

個展のDMたぶんこれかな。

 

 

 

 本当は今年プライベートでNYと台湾に行く予定だった。

 

脳腫瘍クラス4というのは、

海外でなにが起こるかわからないからロングフライトが許されなかった。

治療費でお金もなければ、はじめて借金した。

 

最後というときまで、ロングフライトは取っておいたらいいよ、と言われたので、

 

じゃあ、なにがいいだろう、と。

 

行ったことないオーストラリア?

ニュージーランド

もしくは大好きなロンドン?

カナダでオーロラ?

ロシアのシベリア鉄道乗っちゃう?

 

夢ばかりある。

 

ずっと考えていて、やっぱり感じたのは、

NYである。

 

本当に好きだ。

何度でも、また行きたいと思う街。

 

 

大好きなカメラだけ抱えて、旅に出たい。

死ぬ時も働いてるんだろうなぁ。。。