カメラとあひるの水面下バタフライ。

写真は向かないって言われてからの、日々思うこと。

あなたでなければ撮れない世界を。

入院先から、一時帰宅ということで、宅急便を受け取った。

いろんなものが届く届く。

予定してないものまで届く。

 

今年の6月。

浅草にある、写真企画室ホトリさんの公募展の作品が帰ってきた。

正確には再送してもらった。

saorinさんには本当にご迷惑をおかけしてしまった。

 

f:id:teddysduck:20161003102901j:image

 

この写真。

f:id:teddysduck:20161003102921j:image

 

お願いしてパネル貼りにしてもらった、

綺麗なプリントで、

現地で見てみたかったなぁ、って。

なによりもこの紙に合う写真はなんだろう、って。

 

ま、それはさておき。

 

このプリントの原板を最近大量な写真のうちに紛れ込ませて、

教室に提出した先で、

 

『いい?これはね、あなたじゃなくても技術があれば撮れるようになる写真、わかる?』

 

って、言われながら、弾かれた。

そして、

 

『写真の綺麗さに惑わされないで。

写真を見て。向かい合って、闇を感じて』

 

と。

 

露出補正はいつもプラス1だし、

ISO感度はリミッターMAX6400とはいえ、オート。

 

『どう撮ってるのかわからない違和感を感じる』

 

と。

技術的な面で言えば、適当にシャッター切ってる。

 

直感ではわかってるのに、どこか他人を意識すると逃げ腰になるらしい。

やはり写真は孤独な産物かもなぁ。

特に僕は。

あ、でもね、明治村の時は遠慮しなかったなぁ、と思った。

みんなに合わせて動かなきゃ!ってなるのに、

1人別行動で手紙書いて出したり、ね。

あの時のは評価も高かった。

死の香りがする、って。

 

普段からカメラを持たなくなった。

カメラを迎えてもどこ行こう、あそこ行こうもなくなった。

ずっとしんどいのもあるけど、

きっと撮りたい世界が消え去ってから、

なーんもやる気がない、のが正直なところ。

 

年内いっぱい。

病院で言われた言葉が脳をちらちらと舞う。

 

おかしいな、来年の予定も決めたのに。

おかしいな、年内いっぱいとか聞いてない笑

 

ここから急激な体調の変化になるか、

いきなり命が途絶えるか、

そればっかりは分からないらしい。

 

いい加減家族に告知を、と言われたけど、

肉親よりも、伝えたい人は、たった1人だけ。

 

死んだらその人に連絡してください、と、

カメラ数台と箱を用意してある。

迷惑がられるでしょうね。

でも、いいのよ。

そうしたい、って最期の希望だから。

 

たまに見る夢が今年の1月の夢。

昨日は生きてる世界なのに、

搬入が終わった帰り道。

2017年の春も終わりか、、、なんて思ってた。

ちがう、まだ2016年の冬すら来てない。

 

死ぬ時くらいは、雪がみたい。

雪の中に埋めてほしい。

そしたら、本物のアヒルになれるかもしれない。

 

最近、現実と夢がわからなくなってきてる。

影響が出始めた。

 

僕だけの世界。

僕にしか撮れない世界は一体どこにあるんだろう。

 

f:id:teddysduck:20161003110031j:image