読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラとあひるの水面下バタフライ。

写真は向かないって言われてからの、日々思うこと。

My wayの前に。

f:id:teddysduck:20161111114554j:image

 

 

本職の人間関係が滅茶苦茶。

いよいよもって、なにもかもがとうの昔に限界を超えていて、それでも、毎日起きて仕事してを繰り返してた。

 

小学生よりもタチの悪い。

むだに知識があるオトナの年齢を被ったいじめだから仕方ない。

変わらず独りで仕事してる。

前に出ずに。前に出てもパーンだから。

 

 

昨日から、どうやら、11月の写真展が始まってました。

主催の方からはじまってますよ、の案内メールで気づいた。

もっと先だと思い込んでたので、驚いた。

 

大阪・梅田LOFTの写真展です。

TEAM NACSの20周年展のついでにいらしてください。

〈公募イベント開催のお知らせ〉この写真をみんなに見てほしい展 @梅田ロフト – PHOTO SQUARE

 

こんな写真を見てもらいたい。

ということですが、正直言うと1番は出さなかった。

なぜなら、今回の展示は、レビュワー賞がつくとのことで、コンテスト形式なので、1番の写真は、外国の大会に出すことにしたのでした。

今回のに出した理由って、なんなんだろうか。

 

簡単である。

gallery mainの中澤さんがレビュワーとしているからだ。

ご本人が今回の取りまとめ受付をしているので、写真に目を通していることだろうと思う。

すでにコンテスト結果は出ていると思うので、連絡がないということは、受賞はしなかったんだと思ってる。

新風館閉館により、photo squareの活動場所として模索してるのかな。たぶん。

on and onの佐野さんとも繋がりが出きて、今回の展示に繋がったんかな。京都ロフトに展示スペース確保したらよかったのに。広さないけど。

 

今回から本名で展示となります。

あひる。ではないし、分かりにくいかもしれませんが。

でも、告知しなくても、こういう公の場所の展示での反応は返ってくるのか。はてさて。

 

どんな形式での展示かはわかりかねますが、

タイトルもなく、名前と写真だけの展示だと思います。

 

【梢】

 

の文字をキーワードに探してみてください。

野良猫写真の展示もあるみたいなので、併せてどうぞ。

 

 

昨日話した、横浜であった猫だけの展示と、とあるモデルさんだけの展示の話が面白かった。

本当にそう。そうなんだよね。って。

 

その話は今日の夜にでも。