カメラとあひるの水面下バタフライ。

写真は向かないって言われてからの、日々思うこと。

3日分の隙間を思って。

f:id:teddysduck:20161209054740j:image

 

夏が過ぎ去って。

いつの間にか大好きなはずの冬が来ていた。

 

ちょうど1年前に迎えたカメラたちが続々と壊れて、

2015年から2016年夏頃は本当に写真に関しては呪われた年だと思ってた。

10年カメラを集めてるけど、壊れたのは初めてだ。

しかも、全部、2015年から2016年春までに迎えたカメラ。

ここ2週間も大どんでん返しに遭い、いよいよもって、ハイ今年は黒星で終了みたいなことがあった。

 

 

12/8は、大吉日とのこと。

通っていた、1つの教室が終わりました。

教室っていうのかな?あれ。

と、思いつつ、毎回仕事で遅刻しながらも参加出来たこと、最後まで完走したのかな?一応。

展示などもないので、気楽に終わった。

表現を習うわけではないので、そんなもんだよね。

 

あと1つの教室は、来週に終わりが来る。

まだ課題をやってない。

どうすんのかね?自分は笑

 

ずっと横になってる。

仕事以外は。

 

冒頭に書いた、大どんでん返しのおかげで、

シフトが多忙を極め、

無駄な連休が出来上がった。

予定が白紙になった時に、せっかくの休みを無駄にしてはならぬ、と色んな旅行会社に問い合わせをしてみたが、どこもホリデーシーズン。

宿も移動手段も満席状態。

そして、ドタキャン的なものに会った弊害で飛行機チケットのキャンセル料も高かった。

というか、キャンセル不可のプランしか残ってなくて全額支払いだった。

カメラ何台も買えたやん?

薬もたくさん処方してもらえる金額だな、とか思っちゃった。

相手からの保障もなく、月給の1/3以上を闇に葬った。

 

なんとなくの予感はあったけど、進めば学べることもあるか、、、と受けたが、それ以前の問題だった。

参加の表明をしてくださった方には、主催側で中止となり、申し訳ない。どう謝っても償えない。主催ではない僕が謝るのもおかしい、と事情を知らない人たちから言われたし、気にやむなと言われるかもしれないが、本来の僕は、こういう人間だ。

ずっとずっと関係ないことや、そこまで責任を負わなくてもいいことまで、1ミリでも関わったから、と思い続けてしまう。

 

そういうめんどくさい人なのだとつくづく思う。

なにか面白いイベントはないものか?と悩んでいる。

 

なんとなくだけれども、

3日間家から出ない可能性もある。

もったいないなぁ。有休も使ってしまったし。

 

さぁ、なにやろう。