読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラとあひるの水面下バタフライ。

写真は向かないって言われてからの、日々思うこと。

脈々と、っとっと。

f:id:teddysduck:20161209230531j:image

 

最近、このブログに上がる写真は、

基本的にフォトストリームで指が止まったところのものが選ばれる。

そこから言葉を紡いでいく。

 

先日から少しだけ星を読んでいただいている。

とてもじっくりと。

丁寧に。

その方に頂いた自分の写真へのお言葉が、

 

『血の匂いがする』

 

だった。

とても腑に落ちたし、その部分を闇だという人もいるわけだ。

 

なぜ、血の匂いがするのか。

なんとなく、なんとなくなんだけど。

綺麗におさめようとしてない(本人は)

あるがままの瞬間を捉えるときに僕の鼓動が動くのか(そんなの関係ないか)

生々しいのか。

 

きっと、写ってる人たちの先の世界に、幸せがあればいいと思っているから、それでも乗っかってるかな?

先生には、人を小馬鹿にしてます?それとも人嫌い?なんだろうな、この違和感、って言われたけど、そんな感情持って撮ったことがないからなぁ。

そんな解釈も出来るらしい、ぼくの写真は。

 

結局、血の理由は、わからないけれど。

色は青でも、赤が乗るんだよねぇ。

そんな物理的なりゆうではないけれど。

肌から浮き出る気持ち悪い毛細血管のような写真だな、と僕は思ってる。

 

煮詰まったり、むりやり撮ろうとすると、

写真が異常にいい子になるか、初心者か!っていう写真を量産する。

でも、毎日、写真を撮りたいとも思ってるんだよ、これでも。

嫌いになりそうな時もあるけれど。

 

カメラが壊れてから、撮るスタイルが変わるわけなので、今、また迷子になってきてる感が否めない。

デジタルも再入院したし、帰ってきたら手放そうとおもう。

何を使っても、キミはキミ、と気づいてしまってからデジタルに移行したか?と思われがちですが、常にポッケにはフィルムカメラが3つは入っているのでした。

作品はデジタルでも出せるようになってきたのはうれしいなぁ。

 

 

 

僕の大好きな写真屋さんが閉店宣言をしてたのに、

みんなの期待の声に、満を持して、再オープンとなったことを風の噂で聞いた。

うれしい。

焼いてもらう算段をつけなきゃいけないのだけど。

いつ、会えるだろう。

 

とりあえず、部屋を片付けて、現像を始めないと。

あなたのお腹にある、撮り終えた今を眺めたい。

 

カメラのコンディションみてみないとね。

すごいじゃじゃ馬だから。

 

 

f:id:teddysduck:20161209230649j:image

最近ご縁がある、とある写真屋さんの女の子。

いい加減にゆっくり呑みたいから、そろそろ手紙を書きますね。

いい顔してる。写真が大好きな女の子。